かぜの生まれるところ

アクセスカウンタ

zoom RSS 風呂吹き大根

<<   作成日時 : 2008/03/07 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

風呂吹き大根。冬になると食べたくなる。
でも肉好きの旦那は普通の風呂吹き大根はあまり好まない。

で、その旦那も食べてくれる風呂吹き大根がこれ!(写真は味噌ダレの場合)
我が家の冬の食卓によく登る一品です。

メタルシェフとかがあるとより簡単にできますよぉ ^-^


画像

[材料]  (だいたいですが)
鳥手羽先 :4-5本 [鳥のもも肉200gとかで代用してもよいです]
大根    :3cm位の厚みの大根の輪切り6-8個
米のとぎ汁 :適量(なべに入れてた大根がかぶるぐらいになる量)

★明太子ダレの場合
明太子 一腹
酒    :小さじ1 1/2
ごま油 :小さじ1 1/2
おろしにんにく :1片分位
豆板醤 :小さじ1

★味噌ダレの場合
味噌  :大さじ2
酒    :小さじ1 1/2
砂糖  :大さじ 1/2
すりごま:大さじ2
おろしにんにく:1片分


[作り方]

まず下ごしらえ

■大根の下ごしらえ
 @3cm位に輪切りにした大根の皮を厚めにむいて面取りをして、内円部分に半分位まで
  十文字に切り込みを入れる(隠し包丁)
 Aなべに切った大根をいれて、米のとぎ汁を大根がかぶるくらいまで加えて火にかける。
  煮立ったら弱火にして、竹串がすーっと通るくらいまでゆでる。

■鶏肉の下ごしらえ(大根の下ごしらえで大根を煮ている間にやるとよい)
 @熱湯を準備。
 A手羽肉を平たい盆ざるとかに並べて熱湯を回しかける。
  ※こうすると鶏肉特有の臭みも抜けるし余分な脂肪もぬけるので


ここから調理
 @なべに下ごしらえした手羽肉とたっぷりの水を入れて強火にかける。
 A煮立ったら火を弱めてあくをすくって取り除き、ことことあく取りしながら20分位煮る
 B下ゆでした大根を入れる。
 C大根がトロット柔らかくなるまで弱火で煮る
  (Cのところは煮ないでここでメタルシェフとか魔法瓶鍋に入れるといれっぱなしに
    しておけるし煮崩れもないので楽チン!)
 
 DCの大根を煮ている間にたれの準備。
  たれは材料を全部混ぜるだけ!
  (明太子タレを作る場合、明太子を混ぜる前には薄皮をはがすことをおわすれなく)

 E煮えた大根に明太子か味噌のタレをかけて出来上がり。
  このみであさつきとかちらしてもよいです ^-^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ここに書いてある明太子タレ。おいしいね ^-^
味噌ダレ共々ほかの料理にも使えそう。
みけ
2008/04/08 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
風呂吹き大根 かぜの生まれるところ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる